忍者ブログ

七瀬えかのブログ

Home > > [PR] Home > 日記 > 藤原ここあ先生へ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

藤原ここあ先生へ





先月末に漫画家の藤原ここあ先生が逝去されました。

大好きな作家さんが亡くなられることは私にとってとても衝撃的なことです。

言葉にして一区切りつけないと前に進めない気がするので想いを綴らせていただきます。






藤原ここあ先生。

最初に、ご冥福をお祈り申し上げます。
ごゆっくりお休みになられてください。


----


私はアニメをみて先生の代表作である妖狐×僕SSを好きになりました。
その前からイラストが可愛くて気になっていたものの原作は読んでいませんでした。

アニメをみたらキャラクターが生き生きしてて可愛くて。
知り合いに原作はシリアスなんだよ!とすすめられて、
シリアス好きな私は思い切って原作を購入し、どっぷりハマりました。


キャラクターが生きていて、悩んだり憎んだり愛し合ったり、
そんな切なくも温かみのある作品で本当に好きになりました。


それからdear等の過去の作品も買い揃えて読みました。
どれも愛というか、大切な存在をテーマにした作品で大好きです。
バトルシーンとかギャグとかに優れた漫画も好きですが、
やっぱりキャラクターの想いを描いた作品が一番好きだなと実感しました。


ここあ先生は本当にキャラクターを愛されていて、
作品を愛されていて、ファンを愛されていて、温かみのあるお方です。

私がここあ先生を好きになった頃はもうすでに大変に人気があり、
わざわざ私なんぞがファンレターを書いたり、応援する必要はないと思ってました。
今となっては、一度くらい想いを伝えることをすればよかったと思ってます。


逝去される直前も描かれていたであろう連載中の「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」の続きをもう読むことができないと思うと悔しい気持ちでいっぱいです。
何度も何度も「ここあ先生の漫画を読み続けたいな」「でもここあ先生はもう漫画描けないんだよな」って思考を繰り返してて、未だに現実味はないです。


作品が大好きなのもあるし、お人柄も好きだったから、余計に悲しいです。
ここあ先生は私の描きたいって思うような作品を描かれていたので、憧れもすごく強くて、だから憧れを失うのってすごく路頭に迷うような気持ちになるものだなって。


とにかくとてもショックが大きい出来事でした。

それと同時にこんな悲しみと隣り合わせにこれから生きていくんだなと。
そして私自身もいつこの世を去るかわからないんだなと。

この数日間は色々な想いが頭の中をぐるぐるしました。


でも今はとにかくここあ先生に精一杯の感謝の気持ちを伝えたいです。
ここあ先生のおかげて漫画を描くという表現の素晴らしさを再確認できたし、
キャラクターを愛することの素晴らしさにも気づけたし、
私の価値観を変えてくださったのには間違いありません。

本当に大好きです。ありがとうございます。
長い間、おつかれさまでした。

これからもここあ先生の作品を大切に読ませていただきます。

この想いがここあ先生に届きますように。



七瀬えか






PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

七瀬えか関連リンク

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30